スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近良いなって思ったライトノベル

<自分の独断と偏見ですが、最近読んでいて良いなと思ったラノベを紹介したいと思います。
1、AURA~魔竜院光牙最後の闘い~ 田中ロミオ著、ガガガ文庫。
AURA~魔竜院光牙最後の闘い~
まず、あらすじ
高校一年生になったばかりの佐藤一郎は、ある日忘れ物をとりに夜の校舎に忍び込んだところ、青いローブを身にまとい、金属製の杖を持った美少女と出くわした。彼の望んでいた平穏な学生生活は彼女に振り回されることで次第に遠ざかっていくのであった。

・・・まず言いたいことは、ここまで引き込んで読み手をあきさせないラノベは久しぶり!と言うことです。変人・奇人揃いの登場人物たちと、主人公との織り成す会話はおもしろく、ページをめくる手が止まりませんでした。

・・なんとなく手に取ったラノベが、こんなにおもしろいなんて!。読むだけ時間の無駄なライトノベルを何十冊と経験していると、感じるこの幸福感と言うか・・達成感と言うか。

内容は、もろ中二病丸出しなんだけど、その中でも暖かいものを感じさせてくれて・・・

最後は勢いに任せて、まとめてるみたいだったけど、個人的には、それでもヒロインの純粋さみたいなものに感動しました。 mebaeさんのイラストも、とっても良かったです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。